サイト内検索


にくきゅう!!

« 武蔵小杉 元気厨房力こぶ | Main | 青山一丁目 武蔵 »

August 06, 2005

PIERRE HERME のマカロン

友人がマカロンにはまっている。マカロンって一体なんぞや?と調べたところ、こんなページが見つかった。こんなに人を夢中にさせるお菓子ならば食べてみようと思った。友人に会社近くの"PIERRE HERME"を紹介してもらい、早速行ってみた。場所はプチぐるめマップ 表参道のA-5を見ていただきたい。

herme01

簡単に紹介すると、マカロンはメレンゲをフンワリと焼き上げ、中にクリームやジャムを挟んだ洋菓子。特定の洋菓子屋が開発したモノではなく、昔からある一般的なお菓子の名称である。いろんな洋菓子店が作っており、バリエーションも多く、形状、大きさ、味はさまざま。懐が深い分、魅せられる人が多いのも何となくわかるのである。別の食べ物で言うと"ラーメン"に近いかもしれない。それだけ奥が深いお菓子なのだ。PIERRE HERMEはそんなマニアの中でも評価の高い名店らしい。「初マカロンがHERMEなのはラッキーだ」とさえ言われた気がする。

herme02

では実際のマカロンであるが、大きさは直径4cmくらい、厚さは1cm弱で小さい一口サイズだ。本来なら、かじらずに一口で食べるべきなのかもしれない。お値段は170円~250円?と、中に挟んである具によって違いがある。作るのに手間はかかる分、この大きさにしてはちょっと高めの高級品だ。
実際に食べたところ、表面はサクッと、中はしっとりとしている。味はかなり複雑な構成で深みがあり、一言では表現できない。酸味や甘みのバランスが絶妙で小さいながら強烈な個性を感じさせる。中のクリームやジャムは控えめなのだが、甘みはかなり強い。食べるときはぜひ紅茶と一緒にいただきたいところだ。ただ、2~3個でケーキ1個分くらいのお値段と、やや割高感を感じるのは否定できない。見た目がシンプルな分、損してるかも^^; コストパフォーマンスも考えて総合するとこんなところかな。★★★

この店はケーキも美味しいらしいので、今度試してみようと思う。

« 武蔵小杉 元気厨房力こぶ | Main | 青山一丁目 武蔵 »

Comments

>shikihoさん、
お久しぶりです。掲載までずいぶんお待たせしてしまいました^^;
機材の件ですが、フルスペクトルライトはうさぎ用に買ってあった物を流用しただけで、機材をそろえるのはこれからなんです。私が使っているカメラはFinepixF10なんですが、これは使えます!一眼レフもいいですが、小さくて暗いところに強いので、シャッターチャンスが広がりますよ~。お勧め!

やっぱり写真がいい!と他の人から言われるだけの設備投資してるんですね~。携帯カメラでパシャの私とは大違い。あ~食べなくちゃ。私も。

撮影には動物用のフルスペクトル(太陽光)ライトを使いました。
色は無調整で良い色が出ています。
ただ、後ろにレフ板代わりに白い板を置いてみたものの、さすがに1灯のみだとハイライトと影の付き方があからさまで苦しいです。
ちょっとブツ撮り用の機材を入れてみようかな・・・と考えています。(<形からはいる人だから^^;)

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56252/8363371

Listed below are links to weblogs that reference PIERRE HERME のマカロン:

« 武蔵小杉 元気厨房力こぶ | Main | 青山一丁目 武蔵 »

プチぐるめマップ

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ