サイト内検索


にくきゅう!!

« オランダ紀行7 ホテルのディナー2 | Main | オランダ紀行9 最後の朝食 »

September 19, 2005

オランダ紀行8 最後の晩餐

え~、まめに見に来ていただいている方は、「オランダ、オランダってうるせ~んだよ。もう飽きたから他のネタやれ!ば~か(怒)」と思っている人も多いだろう。まぁ、書いてる自分が飽きてるくらいだから、見ている人はなおさらだろう。しかしこれは旅の記録でもあるので、もう少し(今回を含めてあと3回)つきあっていただきたい(あと3回も・・・^^;)

昨日、エダムという町に移動したとお話ししたが、この町がなかなか素敵なのである。午前中は車で風車を見に行ったりしたが、午後は人魚伝説があるこの町で、ミュージアム(ざっくり言うと蝋人形館^^;)などを見学して、おみやげを買いつつ、ブラブラと町を散策。あっという間に夕方になった。
何と言っても、成り行き任せの我々である。手近にある店3軒の中からまともそうな店を選んで入ってみた。食事時だというのに客がいないのが気になるが・・・入ってしまったものはしようがない。
これでこの店が旨ければ、オランダ中のレストランが全部旨いか、一生分の運を使い果たしたか・・・どちらかであろう。

edam19
※↑クリックすると大きくなります
この前菜!、馬鹿ウマ! マスの薫製。これが最高に旨い!! これもオランダに行ったら絶対食べるべし!俺まさに絶好調!

edam20

なんと、ファミレス風にサラダバーがついています。もう、金銭感覚は完全に振り切れてしまっているので、「たくさん食べないと損じゃん!」とか、そういうビンボーくさい発想は微塵も浮かばない。帰国するまでのわずかな時間だが、チョットだけオトナなワシなのである。

edam13

さて、問題のメインです。とうとう引いてしまったハズレくじ。子牛のステーキなのだが、上にのっているのは変なサラミ。サラミと肉との間には超しょっぱいバターペーストが挟んであるのだ。肉は旨いのだが、ソースは0点。この店のオヤジはソース作りが苦手なようだ。何とかソースをこそげ落として食べることができた(それでもしょっぱいんだよ--;)

edam14
※↑クリックすると大きくなります
これは同僚が頼んだラムチョップ。お願いしてちょっともらいました。「うま~~~~~~~い。」 アニメなら背後に宇宙が広がっているところだ。ソースはイマイチだが、肉が最高に旨いのよ、とってもジューシー(涙)。やっぱ、オランダはラムに限るよ。ボリュームもあるし^^;

edam15

失意のうちにデザートに突入。これは上司が選んだ・・・何だろうな^^; ラズベリーのシャーベットに苺のアイスケーキかな。

edam16

これは同僚が選んだパイナップルとココナツミルクのアイスクリーム?これもかなり美味しかったらしい(ちょっともらえば良かった--;)

edam17

これは私が選んだチョコレートケーキ。何でこんな結果が分かり切ったものを選んでしまったのだろう。疲れて判断力が無くなっていたとしか思えない。まぁ、旨かったんですけど、全然楽しくなかったよ。わかるでしょ?あ、ちなみに、後ろのアイスはチョコミントでした。ちょっぴりさわやかなのが救い。

edam18

最後はお茶で締め。手前に見える茶色い液体はリキュールです。名前は忘れたけど、キャラメルをアルコールで溶いたような甘いお酒です。紅茶にちょろっと入れると美味しんだろうけど、めんどくさいので全部入れた^^; ちなみに、このカップはオランダ名産の「何とか焼」(<ごめん、興味ないんで^^;)だと思います。結構高価なものです。

さて、前菜が激ウマだったが、何となく敗北感を感じずにはいられない食事でした。チョイスを間違えなければもっと楽しめたはずなのだが・・・自分の責任もちょっとあるけど、ハズレもありって事で、今回はこんなところかな。★★★

次回は絶対ラムを食う。

« オランダ紀行7 ホテルのディナー2 | Main | オランダ紀行9 最後の朝食 »

Comments

> Mikakeruさん

オランダ人はもともと外食することが少ないそうで、観光客目当ての高い店しかないそうです。低価格のお店となると、マクドナルドとかサブウェイとかのファーストフードになっちゃうかなぁ。

オランダ紀行は安いメシ路線もあってもよかったかもです。

> せいらさん
いやぁ、確かにイイ思いはしてるんですけど、決して安くはないんですよ(当然自腹ですから--;)
だいたい毎食一人5000円から7000円くらいかかっています(涙)  オマケに、遅い夏休みを10月に取るんですけど、その旅行代金の決済と重なって・・・9月分はカードの請求がすごいことになりそうです。

> オランダの人は、お料理をいちいち撮影する日本人に暖かい視線だったのか。が気になります(^^;)

特に変わった反応はなかったです。むしろ暖かい視線かな。
日本の旅行者には写真撮る人が結構多いんじゃないでしょうか?(まぁ、私ほどしつこく撮る人は少ないでしょうが^^;)
どちらかというと、日本で写真を撮る方が視線が冷たい感じですね^^;

ば~か。とは思いませんが
無闇に悔しいです(笑)
記事は楽しんでおります。
オランダの人は、お料理をいちいち撮影する日本人に
暖かい視線だったのか。が気になります(^^;)

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56252/8363414

Listed below are links to weblogs that reference オランダ紀行8 最後の晩餐:

« オランダ紀行7 ホテルのディナー2 | Main | オランダ紀行9 最後の朝食 »

プチぐるめマップ

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ