サイト内検索


にくきゅう!!

« 成田→上海  ANA機内食 | Main | 鶏ダシが旨い!激辛火鍋 »

November 07, 2006

中国の国民食? 茶玉子

中国旅行編 第3回:空港から、リニアモーターカーと地下鉄で上海駅に。友人と連絡を取るためにIP電話(個人でやってる公衆電話みたいなもの)を探していた時の話。

Tyatama00

窓枠左下にある、おもちゃのような赤い電話がIP電話。中国語がわからないので、ココのお姉さんにちょっと世話になりました。なかなかの美人さんです。
電話をかけたついでに、茶玉子が目についたので2個購入。

tyatama01.jpg
※↑クリックすると大きくなります
旅行者が中国で物を買う時、最も重要なのは相場を知っておくこと。食べ物の値段は比較的わかりやすい方だが、店や場所によって値段はバラバラ。特に観光地に行くと4~5倍に跳ね上がることもある。また、外国人と思ってふっかけてくることも多いのだ。旅行者の金銭感覚を狂わせる原因の一つである。

さて、コレは私が相場を知っている(というか、なぜかどこに行っても値段がほとんど変わらない)食べ物の一つ。初めて中国に行った6年前も、今も値段は変わらず1個1元(約15円)である。調理や販売に場所を取らないので、いたるところで販売されている。キヨスクのような売店で、食べ物を売っていたら、まずコレがあると思って間違いない。

tyatama02.jpg
※↑クリックすると大きくなります
鶏卵を茹でて、黒い調味液で煮込んである。殻にわざとひびを入れ、そこから味をしみこませるのだ。ややクセのある香りがついているものの、日本人にも比較的食べやすい味付けで、私は結構好き。ちょっと小腹が空いた時にも便利なのだ。今回の旅行中に4回くらい食べました。

黒い調味液の正体が長らく不明だったが、ちょっと調べてみるとすぐにこんなページが見つかりました。ぜひ一度、ご家庭でもお試しください。(五香粉ってなんだ--;?)★★★☆

« 成田→上海  ANA機内食 | Main | 鶏ダシが旨い!激辛火鍋 »

Comments

中国は環境汚染が危機的状態です。
中国へは行かない方がよいのはもちろん、
日本においても中国産の食材、加工品、
日本のメーカーでも材料や途中過程までの加工が中国でされているものは避けることをお勧めします。
ご自身やご家族の身を守るためです。
中国やスポンサーであるメーカー、外食産業企業などに睨まれて日本のマスコミはほとんど報道することができませんが、ネットでは様々な中国の真実が流れています。
一度お調べになってはいかがでしょうか。
私も食べ歩きが大好きですが、
中華料理は日本人がやっていて国産の材料を使用している信頼のおける店しか行きません。
あとは自分で作ります。
以前は知らなかったのでそんなに気にしていませんでしたが、いろいろと知ってからはとてもじゃありませんが恐ろしくて食べられません。ファミレスやファストフード、コンビニもここ数年利用していません。
たまに無性に食べたくなりますが、
命が惜しい、病気になりたくないので我慢しています。
少し前の記事でしたが気になって書き込みしてしまいました。

うははは、妙に納得。<「西の魔女〜」

>あの香りに染まると、家が中国になってしまうからw
来シーズンのBBQで試してみる?

> ところで、なんで(急に!?)梨木香歩さんを読んでるの?

小西真奈美夏帆ちゃんが、ネットで紹介してたのです。
Amazonで買って、部屋の隅に放置してあったんだけど・・・
旅行中の空き時間に読んで、感銘を受けました。

五香粉は買うのに抵抗あるなぁ・・・
あの香りに染まると、家が中国になってしまうからw

五香粉のことは、ぐぐればすぐわかると思うけど、中国のスパイス、ですね。スーパーとかでも簡単に手に入るよ。マコーミックで出してるみたい。
ところで、なんで(急に!?)梨木香歩さんを読んでるの? いやいや、「西の魔女が死んだ」は私もだいすきなのだけど、なんかきっかけがあったのかなあ、と気になって。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/56252/12586967

Listed below are links to weblogs that reference 中国の国民食? 茶玉子:

« 成田→上海  ANA機内食 | Main | 鶏ダシが旨い!激辛火鍋 »

プチぐるめマップ

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ