サイト内検索


にくきゅう!!

« 朝食の食べ歩き点心が旨い!(其の弐) | Main | ついに出た!驚異の食材 »

November 11, 2006

本場、上海蟹を食べてきた!

中国旅行編 第7回:今が旬の上海蟹を食べたい」と友人にリクエスト。「上海蟹といえばココ」という、地元で有名なお店に連れて行ってもらった。今回の旅行で、最も高価だった食事である。

s_kani01.jpg
※↑クリックすると大きくなります
お昼時なのだが、大変な混雑。しばらくロビーで待たされた。ロビーに展示してある上海蟹の冷蔵ケース。見事な蟹のオンパレードなのです。特級品 128元(約1920円)、高級品 88元(約1320円)、標準品はたぶん60元(約900円)くらいだったと思う。値段の差はおそらく大きさのみ。特級と高級の価格差は大きいが、大きさはあまり違わないように見えた。食べるなら高級品だな。

S_kani16

お店のメニュー。店名は読めないが、日本の字で無理矢理読むと「得月楼」かな。

s_kani02.jpg
※↑クリックすると大きくなります
テレビで見て、一度食べてみたいと思っていたあこがれの料理がコレ。数十杯の上海蟹の味噌と、フカヒレを使うという、贅沢の極みみたいな料理である。そして、見つけてはみたものの、その値段にびっくり!!なんと一皿1800元(約27000円)である。さすがにこれは手が出ない。カードで支払おうかとかいろいろ考えたが、今回はメニューの写真だけで我慢することにした^^; あきらめたとはいえ、死ぬまでに一度は食べてみたい料理である。

S_kani03

意外と人気がある椰子の実ジュース(いわゆるココナツミルクですな)。なぜ人気があるかというと、あちこちのテーブルでこの缶を見かけたからw やや薄めですが、コレがまた飲みやすい。なかなか美味です。

S_kani04

これはアヒルと、玉子のスープ。このスープでこの店の味付けの本質が見えてきた。胡椒多すぎ!塩も多くてしょっぱいのだ。

s_kani06.jpg
※↑クリックすると大きくなります
こちらは春巻きかな。

S_kani07

実は、印象が薄くて味ははっきり覚えていない。特別美味しくはなかったと思う^^;

s_kani10.jpg
※↑クリックすると大きくなります
前菜とか、いろいろ注文するのが中国風。とりあえずオーダーしたちんげん菜のエビのせ。後にわかったことだが、友人の奥さんは海老が嫌いらしい(その時に言ってよ~^^;)

s_kani05.jpg
※↑クリックすると大きくなります
いよいよ蟹づくしの始まりです。これは上海蟹の肉を使った料理とのことで、ちょっと高かったけど期待を込めて注文したもの。蟹肉は中央の茶色い部分のみ。コレがまた辛い。胡椒多すぎ、塩味強すぎ。下の白い部分はおそらく卵白である。卵白ではあるものの、微妙に蟹の食感がある。(大コケしたドラマ、「熱烈的中華飯店」に出てきた調理法だと思う^^;) コレはコレで貴重な体験だったかな^^

s_kani15.jpg
※↑クリックすると大きくなります
こちらも蟹料理なのだが・・・上に乗っている白い物は泡立てた卵白を加熱して固めたもので、味は特になし。その下に詰まっている蟹肉は、さっきの蟹料理と全く同じ味付け。味がかぶったのが残念です。しかも、辛くて食べきれなかったっす orz (この私が残したんだよ。相当な物です^^;)

s_kani08.jpg
※↑クリックすると大きくなります
いよいよ、今回のメインディッシュ(といっても私のために一皿だけなのだが)上海蟹の登場です!

s_kani09.jpg
※↑クリックすると大きくなります
リーズナブルな高級品 88元をチョイスしたが、堂々とした大きさだ!(奥は比較用の携帯です^^;)
昔、聘珍樓で食べた物と雲泥の差。聘珍樓の蟹は、この店で言う標準品。ミソもほとんど入ってなかった。

s_kani12.jpg
※↑クリックすると大きくなります
食べ方がわかりませ~ん^^; ガイドブックで確認ですw

s_kani11.jpg
※↑クリックすると大きくなります
オープンです!ぎゃぼ~、蟹ミソたっぷり~♪

s_kani13.jpg
※↑クリックすると大きくなります
どうですか、このミソの色!食欲をそそられます。やっぱ本場は違うわ。

s_kani14.jpg
※↑クリックすると大きくなります
コレは腹の部分を左右に割った片割れ。黒酢でいただきます。
ネットリとまとわりつく、この舌触りがたまらん!今思えば、コレばっか3つ頼めば良かったくらいです。生きる活力が沸いてきました。また食べに行きたいです!

上海蟹は★★★★★、それ以外は無星かな^^;
総予算は全部で370元(5500円)くらいだったと思います。かなり贅沢な昼食でした^^;

« 朝食の食べ歩き点心が旨い!(其の弐) | Main | ついに出た!驚異の食材 »

Comments

> ユキエちゃん
すっかりのだめモードですね^^
上海蟹も産地によって味が全く違うそうです。
今回食べた蟹は、かなりの上物だったと思います。もし機会があれば、私の代わりに、ひと皿1800元の料理を食べてきてください!^^

はう~ん。
上海ガニ、しゅてきしゅてき~。
たべてみた~い!
やっぱり素材の味を活かしたものは当たりハズレがないのかしらね。いいなぁ(*´∀`*)

> うずまきさん
> 塩も胡椒も強すぎる料理って、結構つらいですよね(^^;

そうなんです、つらかったです。高いし、残すともったいないんだけど、なかなか箸がすすまなくて^^;
でも上海蟹は美味しかったですよ、ホント。
日本で美味しい店を探してみます^^;

> うるうるさん
いろいろ世話になっておきながら、好き勝手書いてすみません^^; 来年末にいよいよですか。いろいろ成功することを祈っております。

その後色々な人に蟹について聞いて回っています。なんでも蟹が取れる本場(1時間かからないらしい)で雄雌一匹づつ食べるのが最高の贅沢らしいよ。
そして蟹が美味しいのは寒くなってからなんだって。10月末と言えば普段なら充分寒いんだろうけど去年今年とまだ暖かいからね~(今日も)

いずれにしても来年後半は日本に帰り支度をしているか、中国に住む決意を固めて車を買っているかのどっちかなので、覚悟してきてね~。

上海蟹美味しそう!!!!
塩も胡椒も強すぎる料理って、結構つらいですよね(^^; むくんだり、喉が異常に乾きそうですね。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 朝食の食べ歩き点心が旨い!(其の弐) | Main | ついに出た!驚異の食材 »

プチぐるめマップ

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ